会社から「労災申請するな」と言われた。どうすればいい?


 業務中に事故に遭って怪我をしたのに、会社が労災申請に協力してくれない

 仕事が原因で病気になったのに「労災申請するな」と言われた
 「君は正社員じゃないので、労災は適用されない」と言われた

労災が発生したら、企業は労働基準監督署に速やかに報告をしなければなりません。
「労災隠し」は違法です。
今回は、会社から労災申請をしないよう言われたときの対処方法を解説します。

1.労災報告は事業者の義務

業務中や通退勤中、業務に起因して労働者が怪我、病気、障害、死亡した場合には「労働災害」となります。
労働災害が起こったら、雇用者は必ず労基署に対して労災が発生した事実を報告しなければなりません。
このことを「死傷病報告」と言います。
死傷病報告は、労働安全衛生法によって定められた会社の義務なので、報告をせずに労働者に「労災申請をするな」と言うのは違法行為です。

2.労災報告しなかった場合の罰則

 


もしも労災が発生しても企業が死傷病報告をしなかった場合、刑事罰が適用されます。
罰則の内容は50万円以下の罰金刑です。

3.会社が労災隠しをしたがる理由

会社が違法であってもあえて労災隠しをしたがるのは、以下のような理由によります。

3-1.労災保険料が上がる可能性

労災保険を利用すると、企業が負担する労災保険料が上がる可能性があります。

3-2.イメージ低下

労災事故が起こったり従業員が病気になったりしたことで、企業に対する社会のイメージが低下する可能性があります

3-3.別の違法行為が明るみに出る可能性

長時間労働や労災保険への未加入など、労災事故をきっかけに別の違法行為が明るみに出る可能性があります。

4.労災申請するなと言われた場合の対処方法

4-1.すぐに労災申請する

勤務先から「労災申請しないように」とか「労災が適用されない」などと言われても、従ってはいけません。
労災に遭った労働者には労災保険を利用する権利があるので、速やかに労災申請をしましょう。
労災の申請書には、会社に押印してもらう欄がありますが、そちらについては記入しなくても「会社が協力してくれない」とさえ書いておけば受け付けてもらえます。

4-2.弁護士に相談の上、労災保険を適用して治療を受ける

ケガや病気の治療は、労災保険を適用して労災保険認定病院で受けましょう。
労災保険が適用される場合、労災保険認定病院であれば、窓口での負担なしに治療を受けられるからです。
それ以外の病院ではいったん費用を立て替える必要があります。
なお労災が適用される場合、健康保険を使ってはいけません。

4-3.弁護士・労基署に相談する

労災隠しは違法行為なので、会社から労災を使わないように言われたら労基署に相談しましょう。
労基署から指導勧告が行われ、状況が変わる可能性もあります。

神戸で労災事故に遭い、お困りの際には弁護士がお助けいたしますので、お気軽にご相談下さい。

お気軽にご相談下さい。スタッフが丁寧に対応させていただきます。 078-325-5585 JR三ノ宮駅8分 無料相談予約受付中

メールでのご相談予約はこちら

お気軽にご相談下さい。スタッフが丁寧に対応させていただきます。 078-325-5585 JR三ノ宮駅8分 無料相談予約受付中

メールでのご相談予約はこちら